『「安心度日本一」は、倉吉市(鳥取)』

(東洋経済オンライン)

印西市(千葉)が3年連続でトップとなった「住みよさランキング2014」は、「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」「住居水準充実度」の5つの観点で指標を選び、総合順位を算出している。今回はその5部門の中から「安心度」「利便度」の順位をご紹介する。

まず「安心度」では、今回より保育所関連のデータ(待機児童数調整済み「0~4歳人口当たり保育所定員数」)を算出指標に追加したことから、例年よりも大きな順位の変動が見られた。

◇*◇*◆*◆*☆ミ*◇*◇*◆*◆*☆ミ*◇*◇*◆*◆*☆ミ*
1位は倉吉市(鳥取)で、昨年の3位から順位を上げた。
◎「高齢者人口当たりの介護施設定員数」が全国1位
◎「人口当たり病院・一般診療所病床数」も49位
と、いずれもトップクラスにある。
昨年大きく順位を上げた「出生数」
(「15~49歳女性人口当たり出生数」、2012年272位→2013年56位)は、
今回168位まで後退したが、
◎新採用の「保育所定員数」の高評価(44位)
がカバーした格好となった。
◇*◇*◆*◆*☆ミ*◇*◇*◆*◆*☆ミ*◇*◇*◆*◆*☆ミ*

Write a comment

Comments: 0